This website uses cookies to enhance your browsing experience. By continuing to use this website, you agree to our use of cookies. Click here to learn more, including how you can manage your cookie preferences.

クラウドTVでレガシービジネスを変革

Kaltura TVプラットフォーム

KalturaのTVプラットフォームは、オペレータークラスのクラウドTVサービスを提供します。クラウドに移行する際の重要なレガシー投資を保護しながら、市場投入までの時間と総所有コストを大幅に削減することが証明されています。何百万人もの視聴者に対応する拡張可能なこのプラットフォームは、幅広いビジネスモデルを提供し、ARPU、保持率、およびネットプロモータースコアを向上させることが証明されています。クラウドTVジャーニーを開始していなくても、すでに開始予定でも、どんなに困難な課題であってもKalturaは必要な実績と専門知識を持っています。

Kaltura TVプラットフォームを探る
  • エクスペリエンス
  • ビジネス
  • 接続性
  • モジュラー型およびカスタムエクスペリエンス
    • Kalturaは、加入者の競争がどれほど激しくても、ペイTVプロバイダーがエンゲージメントを促進するモジュラー型のカスタマイズされたマルチスクリーンのクラウドTVエクスペリエンスを作り上げることに慣れています。

      同じクラウドTVプラットフォーム上で、総合ペイTVサービスやスキニーバンドルなど、さまざまなサービスを柔軟に実行し、1つのアプリでサブスクリプション、レンタル、電子販売サービスを提供することができます。当社のプラットフォームを使用することで、個々のユーザーのために各サービスのエクスペリエンスを簡単にカスタマイズすることができます。

    • 非常に多くのコンテンツソースや画面があるため、ユーザーがクラウドTVサービスで視聴したいコンテンツをすばやく簡単に見つけることが難しい場合があります。動画コンテンツおよびメタデータ管理においてKalturaは実績があるため、コンテンツ運用を最適化し、放送、VOD、OTTアプリなどの複数のメタデータソースを統合して容易に効率を向上させることができます。レコメンデーションエンジンは、ユニファイドディスカバリをサポートし、AIと機械学習を使用して、メタデータ、視聴者プロファイル、視聴履歴、およびトレンディングコンテンツに基づいて視聴者に新しいコンテンツを提案します。これは、視聴者が常に興味深いものを見つけられるようにするのに役立ちます。

    • パーソナライズされたUIが標準になるのに合わせ、Kalturaは、トップUXデザインハウスが提供する事前統合された構成可能なさまざまなフロントエンドアプリケーションを提供しています。これにより、カスタマイズされたソリューションのコストのほんのわずかのコストで、あらゆる画面用の美しいブランドのユーザーインターフェイスを作成できます。KalturaのAPIを既存のアプリに統合して、選択したデバイスで視聴できるようにクラウドTVサービスをカスタマイズすることができます。Kalturaの学習プラットフォームには、データを分析してこれらの洞察を利用して関心や視聴行動によって視聴者をセグメント化するためのAI技術が組み込まれています。ユーザーは、サインアップして特定のトピックやTV番組に関する通知を受け取り、エクスペリエンスをさらにパーソナライズすることができます。

    • Kaltura TVプラットフォームは、複数のソース(VOD、EPG、動画クリップ、テキストなど)からのコンテンツを動的に選別し、それを複数の画面で提示し、パーソナライズされた視聴エクスペリエンスを提供するためのフレームワークを組み込んでいます。わずか数回のクリックでUIをカスタマイズし、パーソナライズされたプロモーションの提供、新しいコンテンツの到着の強調表示、ペアレンタルコントロールなどのユーザー設定の管理を行うことができます。

      アプリ内の専用のレールにコンテンツを配置して整理し、プロモーションオファーやお勧めのコンテンツについてデバイスに送信する、パーソナライズされたSMS、電子メール、アプリ内通知を管理することができます。

  • ビジネスの自由
    • コンテンツは支出の大半を占めます。すべてのコンテンツは、それにふさわしい注目を集める必要があります。Kalturaのプラットフォームでは、広告ベース、プレミアム、ダウンロード、電子販売、またはそれらのすべての組み合わせなど、ユーザーごとに適切な収益化モデルを選択できます。ツールを利用することで、ARPUを向上させるために複数のビジネスモデルを混在させて対応することができます。価格プラン、プロモーションオファーおよびその他のサービスは、即座に変更することができます。Kalturaはビジネスサポートシステムとシームレスに統合し、シームレスなエクスペリエンスを保証します。また、ブロードバンド、モバイル、音声サービスで動画をバンドルして、ビジネス上の自由を実現する柔軟性を提供します。

    • 1つの中央プラットフォームから、すべてのTVサービスおよびプロモーションの収益化を管理します。

    • プラットフォームによってキャプチャされた操作データや視聴データを分析およびセグメント化することにより、さまざまな対象を絞ったTV提案を作成できます。

      これらのパーソナライズされたキャンペーンは、広告収入の増加、解約率の低下、プレミアムコンテンツのアップセル、コンバージョン率の上昇など、特定のビジネス成果に焦点を当てることができます。

    • クラウドベースの世界では、ユーザーやデバイスの管理は本当に複雑になる可能性があります。幸いなことに、Kaltura TVプラットフォームはこれに問題なく対処します。

      包括的なコントロール

      直感的なプラットフォームにより、ユーザー権利、ユーザー資格、許可されたデバイス数、家計管理を完全に可視化し、管理することができます。

      一元管理

      ジオブロッキング、上限付きビデオ品質、デバイス制限、ダウンロードトゥゴーのルールとアクセス許可に関する集中管理コンテンツ配信ポリシーは、中央コンソールから管理されます。

    • 貴重なコンテンツを保護し、正しいデータのプライバシー設定が適切に行われていることを確認することは、今日最も重要です。

      マルチDRM
      Kalturaの包括的なマルチDRMサポートにより、ライブコンテンツとVODコンテンツの安全な配信が保証されます。オンラインとオフライン再生の両方に厳密にコンテンツルールとライセンスを適用することができます。Google Widevine、Apple FairPlay、Microsoft PlayReady、Smooth Streamingなどの主要なDRMスキーマがすべてサポートされています。

      データプライバシー
      Kalturaのユーザー認証と匿名化の設定オプションは、EU GDPRなどのデータプライバシー規制に準拠しながら、必要な柔軟性も提供します。KalturaはEUと米国間、スイスと米国間のプライバシーシールドの認証を受けており、このフレームワークを使用してKalturaの米国データセンターにデータを転送します。

  • クラウドスケール、ハイブリッド対応
    • 成功するためには、クラウドベースのパーソナライズされたマルチスクリーンサービスは、従来のブロードキャストTVに関連する拡張性と信頼性を提供する必要があります。

      また、既存のプラットフォームと統合することで、既存の投資を保護する必要があります。

      Kalturaのクラウドスケールのハイブリッド対応TVプラットフォームはこれらとそれ以上のことを実現します。

    • Kaltura TVプラットフォームは、すべてのデバイスでライブおよびオンデマンドTV視聴において前例のない99.995の可用性を提供します。

      これにより、クラウド内でスケールアップして、IP経由で数百万人の同時視聴者に不具合のないライブイベントをブロードキャストできます。

    • Kalturaは、既存のケーブル/ IPTV /衛星TVエコシステムにプラットフォームを挿入し、レガシーネットワークとOTTプラットフォームを組み合わせたハイブリッドクラウドTVソリューションへの移行をサポートします。

      このハイブリッドモデルは、従来のSTBおよびインフラへの投資を保護すると同時に、コストを削減し、クラウドへの移行で可能になる機能強化、革新や柔軟性のメリットを可能にします。

      Kalturaプラットフォームでは、この新しいサービスと従来型サービスを簡単に管理でき、時間を節約し、複雑さを最小限に抑えます。

    • KalturaのクラウドベースのインフラとIP動画管理機能により、動画プレーン/動画ヘッドエンドをクラウドに移行することができます。

      これにより、高価な新しい機器に投資したり、運用プロセスを合理化し、即応性を高め、最終的にビジネスの変革の危険を避けることができます。

導入事例
  • VodafoneグループのクラウドTV変革ジャーニー
    Nuno Sanches、Vodafoneグループ、TV製品責任者
詳細をお知りになりたいですか?